探偵になるための近道入門

探偵業界の入門編

探偵への近道

探偵になるためには、調査業の基礎を勉強して身につける必要があります。
もっとも一般的な方法としては、現在営業をしている探偵事務所、または興信所へ入社することが、実際の調査技法から、機材などの使用方法を仕事をしながら現場で勉強することが出来ます。

 

たしかに、この方法だと探偵に成るための行動として間違っていないと思います。

 

しかし、これだけが探偵になるための近道とは言い切ることは出来ません。

 

他に探偵業界へ入門する方法としては、探偵学校へ入塾することです。
この探偵学校とは、現役または第一線から離れた探偵が自分の調査技術のノウハウを教えるための学校のことをいいます。性格には学校といっていますが、専門学校や大学といった学術機関ではなく、あくまで私塾としての学校です。

 

職業訓練所と思ってもらうと一番いいかもしれませんが、教えてもらう教科は探偵の一択です。

 

探偵学校では、探偵に必要とされる技術、そして仕事上での注意点などを細かく教えてもらうことが出来ますので、いきなり現場に立つことはなく、まずは研修といった制度を望んでいる人にとっては最適のところだと思います。

 

いくつかの探偵事務所と興信所が運営する探偵学校のなかからどのような講義をおこなうのかを聞いて、自分が習いたいことを決めてその探偵学校へ入校するといいでしょう。


ホーム サイトマップ