探偵業界の入門編、基礎知識を学ぼう

探偵業界の入門編

基礎知識

探偵業界の入門編として、まずは基礎知識を身につけましょう。
探偵という仕事に関しては、最初に記述したとおりですが、探偵の役割と責任について解説します。

 

探偵はみなさんの想像したように、情報を集めて依頼人へ報告をすることで報酬を得る仕事です。
その情報を得る方法としては、尾行や張り込みなどの方法があるのですが、役割を考えるとどんな依頼に対しても仕事を請け負っても良いと、印象を受けてしまうかもしれません。

 

しかし、探偵は請ける仕事にはキチンとした決まりがあります。
これは「探偵業の業務の適正化に関する法律」(以後「探偵業法」)によって明確に記されています。
その探偵業法の中にはこうのように書かれています。
「犯罪行為に利用される情報の収集」または、「差別目的の情報の収集」を禁止しています。
犯罪行為に利用される情報とは、例えばストーカーが付き纏いをしている女性の引越し先の住所を探している。またはDVによって分かれた妻を夫が捜しているなどのことをいいます。
差別目的の情報とは、結婚前の恋人がどこの出身であるのか、または家族構成で人種的な違いがあるのではないかなどの調査です。

 

これらの情報は、利用する人間が犯罪を犯してしまう可能性が極めて高くなってしまいますので、探偵は依頼者に対して、情報をどのように使うのか絶対に確認する必要があるのです。

 

そうです、探偵の責任とは、情報を収集した後に起こる結果に対しても責任があるのです。

 

最近にニュースでも、ストーカーへ情報を渡した探偵を名乗る業者が逮捕されています。
探偵業界へ入るならば、この探偵の正しい役割と責任についてしっかりと認識しておく必要があるのです。


ホーム サイトマップ